[2017-10] « | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著者は自信を持ってこう言った。

読むだけで50点、勉強すれば200点UP


日本人の英会話に対する欲求は非常に高い。
誰もが一度は英語を喋れるようになりたいと、英会話やTOEICなど、英語の勉強系の本を手に取ったことがあるだろう。しかし英語の習得には多くの時間を要し、一朝一夕にいかないことから、途中で挫折してしまった人も多いと思う。

英語のテストで企業で最も使われているTOEIC。このテストの対策に手を焼く人は多い。そんな方にお勧めしたい本がある。

キム・デギュン(著):TOEIC Test 「正解」が見える

著者は5年以上毎回TOEIC試験を実際に受験した上で分析をした。正解するための秘訣と特有のパターン学習法、そしてキム・デギュン式TOEICの「急所」。この本の特徴は、TOEICが既出問題を一定割合で再度出題することで評価基準を一定に保つ「問題バンク式」の出題方式を採用していることに着目し、頻出の問題類型を選別して、集中的に学習することを推奨している点にある。TOEICは「英語能力に変化がないかぎり何回受験しても得点に変動がないよう標準化されたスケール上のスコア」で評価が与えられるという。したがって、この本に基づいて繰り返しトレーニングを行い、TOEICの点数が上がれば、その人の国際コミュニケーション能力自体も確実に向上しているということになろう。

この本を、ただのテクニック集として捉えるのではなく、最も効率的に英語の学習を進めていくためのガイドとして扱い、自身の国際コミュニケーション能力の向上に役立ててもらえれば幸いである。

Theme:オススメの本 - Genre:本・雑誌
[10/30 18:46] Category(日記) Comments(2)
Commented by つかっち at 2005-10-30 22:28 URL
何のコピペだこれは?w
私はTOIECの勉強やってるから興味はあるけどね・・・

400点→600点と600点→800点にあがるのでは、費やす労力も違うと思うのだけど・・・
Commented by よしくん at 2005-10-30 22:57 URL
コピペじゃねーっつーのw
まぁ、半分は本からの引用だけど。
ちょっとかしこまった文体で書いてみたのであった。

ん?てか、なぜ俺が400点だと分かったんだろ?(汗

 Author

 Link

 admin

This Designe Temprate is Made by Yoshi-kun.
Copyright (C) 2005 Yoshihiko Koizumi. and Rend A Picture from Chiba Lotte Marines (R). Thanks to Marines!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。