[2017-06] « | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | »
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、岐阜のの多治見に帰りました(正確には可児ですが…)。
愛犬ロボに歓迎され癒されている感じです。

千葉から多治見まで来る間に、
車窓より風景を眺めていて色々ぼーっと考えまして,
ここまで来るときのそれぞれの駅間での楽しみ方みたいな。

【東京~名古屋】by 新幹線
東京から新横浜までは就活で散々見た風景なので
それを思い出してみるのも感慨深いものがあります。
そして新横浜を出発するとホント途端に田舎風景に。
左手に箱根の山を望みながら、静岡:熱海を目指します。

熱海近辺に来ると海が見え気分も乗ってくるでしょう。
熱海の海を満喫した後は、静岡エリアです。
静岡近辺では広大な田んぼ風景の中に
製薬会社,食品・化粧品・移動機メーカなど
さまざまな大企業の建物が見えます。
建っている工場見てると,水が綺麗なのかなと思えますね。
そして静岡を過ぎると、浜名湖で有名な浜松。
ここでも少し海や湖を満喫です。
ここから名古屋までは平坦な町並みが続くのですが、
大きな川を渡る事が多いのは、静岡~名古屋間での魅力の1つでしょう。

【名古屋~多治見】by 中央本線
名古屋駅で新幹線を降り、7・8番戦から中央本線に乗り込みます。
名古屋近辺の土地をイメージし易くするために、
多治見までの代表的な駅を、
首都圏~千葉方面の駅に置き換えて御案内致します。
首都圏の土地とは50段階ぐらいレベルを落として考えていただけると幸いです。

名古屋:首都圏で言うところの東京。
今の時期は愛知万博でにぎわっている事でしょう。
東西交通の要所として新幹線を初めとして多くの乗換駅があります。
背の高いビルが立ち並び、ちょっとだけ都会な気分です。

金山(かなやま):新宿。
静岡方面に行ける東海道線が入っており、
鈍行で(特急もあるけど)その方面に向かいたい時の要所。
同じ方面への名鉄線も入っており,東海道線か名鉄線かで迷います。
栄(名古屋の渋谷)にもここから行けます。

鶴舞(つるまい)~大曽根(おおぞね):都内の駅。
名古屋市内へ張り巡らされている地下鉄への乗換に使える駅。
名古屋ドームへは大曽根でお乗換ください。

新守山(しんもりやま)~神領(じんりょう):錦糸町~千葉方面の駅。
そんなに大きくない駅が続きます。
途中,春日井(かすがい)からは名古屋空港へ行けますよ。
神領は『神の領域』と書いて『じんりょう』と読み、
個人的にちょっと気に入ってます。
ま、駅周辺はなーんにもないですけど。

高蔵寺(こうぞうじ):千葉
快速がたまに終点になる駅。
愛知万博会場に行くための愛知環状鉄道は、
ここから豊田(とよた)に延びています。
現在は名古屋から万博会場に直通で行くためのエキスポシャトルとして、
中央本線で名古屋~高蔵寺~万博八草(ばんぱくやくさ)が20分間隔で出てます。

定光寺(じょうこうじ)~古虎渓(ここけい):外・内房線
名古屋から多治見までで最も自然を満喫できる区間。見所。
山肌に沿って線路が走っておりすぐ横(下?)には渓流が流れています。
房総半島の中央ら辺かつ市原よりも南の山の中な感じ。
トンネルが多いです。

多治見(たじみ):茂原
山の中を超えてちょい開けたところにホームタウンの街があります。
この辺は隣の瀬戸(せと)と並んで陶器が盛んで、
その観光地になってる感じです。
瀬戸物(せともの)・美濃焼き(みのやき)と言えば聞いた事がある人もいるはずです。

こんな感じで、色々と風景が移り変わる電車での長旅も良いもんです。
『世界の車窓から』って番組があるのもうなずけます。
[08/05 23:00] Category(日記) Comments(4)
Commented by よしくん at 2005-08-05 23:23 URL
ネットスピード遅すぎる…
千葉の家の1/187.5のスピード。
auケータイやFOMA、Voda3Gの方が早いって…
Commented by ミヤっち♪ at 2005-08-07 01:01 URL
知っている駅名もちらほら…^^
そのうち行くときの参考にでもします☆
Commented by tsukasa at 2005-08-07 13:37 URL
多治見が茂原の所が激しく笑えたbb
Commented by よしくん at 2005-08-07 20:25 URL
だって終点は基本的に中津川でしょ?
だから、中津川=上総一ノ宮、多治見=茂原なんよbb

 Author

 Link

 admin

This Designe Temprate is Made by Yoshi-kun.
Copyright (C) 2005 Yoshihiko Koizumi. and Rend A Picture from Chiba Lotte Marines (R). Thanks to Marines!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。